サービス

受託開発

シンセシスは創業以来、多くのお客様からの受託案件を通じて、デジタル設計ならびに組み込みソフトウェアの開発経験を蓄積してきました。また、弊社独自の技術を活かしたソリューション提案型の受託業務にも取り組み、お客様のニーズに柔軟に応えられるよう努めています。
参画研究室から最新の研究成果のフィードバックを受けることにより、シンセシスは幅広い分技術野において、トップランナーの地位を維持する努力を続けています。

図71

開発実績

■ 車載用4ダイバーシティ対応ISDB-T OFDM復調器
■ 1セグOFDM変調ソフトウェア
■ MULTI2復号化IP
■ MPEG-2Videoダウンスケールデコーダ
■ H.264 エンコーダ/デコーダ IP
■ MPEG-4コーデック
■ SSIM値/ビットレート制御機能付きJPEG 2000変換ソフトウェア

無線通信技術

シンセシスでは、ISDB-T準拠のOFDM復調IPや、様々な特殊用途向け無線通信機器の開発実績があります。これらの経験を活かし、方式の検討からFPGAボードよるプロトタイプ開発やフィールドテストもサポートします。

図11ダイバーシティ対応ISDB-T OFDM復調器のフィールドテスト用プロトタイプ

図21

スポーツ選手向けリアルタイムバイタルデータ収集システム試作機

画像処理・符号化技術

シンセシスは設立以来、H.264、H.265、JPEG2000などの各種画像コーデックの開発、ならびに独自アルゴリズムによるHDR・超解像を中心とする画像処理技術の開発に注力してきました。さらに近年ではGPU向け、組み込みCPU向けに最適化されたソフトウェアソリューションの開発も進めています。

図41

モバイルGPUに最適化されたAndroidタブレット版超解像デモソフトウェア (Mobile World Congress 2013 ARM社ブースにて展示)

FPGA/組み込みシステム向け開発

シンセシスでは画像処理・通信用途を中心に当社独自の技術を活かしたハードウェア設計・ソフトウェア開発の受託業務も承っています。近年ではXilinx、Alteraを中心とするFPGA向け設計、とりわけXilinx社のZynqファミリーをはじめとするMPUと再構成ロジックを統合した新世代デバイス向けの設計にも力を入れています。

FPGA/組み込みシステム開発事例

■ Xilinx社Zynqを用いた特定用途向け通信システムのプロトタイプ
■ FullHD/4K対応超解像スケーラーボード(Altera/Xilinxベース各種FPGAボードで動作実績あり)
■ 放送局向けコンスタレーション・MER表示装置